Saving and filling passwords

1Passwordを使ってiPhone / iPadで入力・保存する

アプリ / Safariでユーザー名とパスワードを入力・保存するための、1Passwordの設定と使い方を紹介します。

自動入力の設定

1Passwordを使って情報を入力・保存する前に、お持ちのデバイスで1Passwordを設定する必要があります。 次に、以下の手順に従います:

  1. ホーム画面で、[設定] をタップします。
  2. [パスワードとアカウント] > [パスワードの自動入力] の順にタップします。
  3. [パスワードの自動入力] をオンにします。
  4. 1Passwordを選択します。

設定を終えたら、1Password アプリを開くことなくパスワードを入力して保存できるようになります。

設定のパスワードの自動入力ページ

ヒント

iCloud キーチェーンがパスワードの保存を求めないようにするには、iCloud キーチェーンのチェックを外します。 チェックを外しておけば、1Passwordにパスワードが保存されていることが常にわかるので、混乱せずに済みます。

パスワードの入力と保存

パスワードを入力または保存するには、Safariのウェブサイトにアクセスするか、アプリを開き、ユーザー名またはパスワード欄をタップします。 ウェブサイトやアプリにログイン情報が保存されている場合は、キーボードの上にユーザー名が表示されます。 ユーザー名が表示されない場合は、 パスワードが表示されます。

ログイン情報を入力するには、キーボードの上のユーザー名をタップします。 ウェブサイトまたはアプリのログイン情報が複数ある場合は、鍵マーク をタップして選択できます。

ログイン情報を保存するには、鍵マーク > [ログインを作成] の順にタップします。 ユーザー名とパスワードを入力するか、[新しいパスワードを生成] をタップすると、自動的に強力なパスワードが作成されます。 ウェブサイトに特定のパスワード要件がある場合、[パスワードの作り方を表示] をタップし、文字数・数字・記号を調整します。 完了したら、[保存して補完] をタップします。

ログイン情報の保存先を変更するには、1Passwordを開き、[設定] > [保管庫] > [すべての保管庫] > [保存用の保管庫] の順にタップし、保管庫を選択します。

入力可能なiOSキーボード

ヘルプを参照

自動入力を利用するには、1Password 7.2またはそれ以降が必要です。

自動入力でTouch IDやFace IDが使用できない場合は、1Password アプリを開き、マスターパスワードを入力してロックを解除します。

1Passwordにログインアイテムがあるのに、入力しようとしても表示されない場合:

  • アプリをご利用の場合は、 パスワード をタップし、すべてのログインアイテムを表示して入力したいアイテムを選択してください。
  • Safariをご利用の場合は、ウェブサイトのログイン欄がウェブサイトと一致していることを確認するために、アイテムを編集する 必要があるかもしれません。

最近別のデバイスでアイテムを変更し、変更内容を入力しようとしても変更が表示されない場合は、1Passwordを開いてロックを解除し、変更内容を同期させてください。

iOS アプリのデベロッパーである場合は、アプリの関連するドメインを設定します

それでもヘルプが必要な場合は、以下をご確認ください:

  1. 最新版のiOS   を利用している
  2. 最新版の1Passwordを利用している。
  3. 1Passwordを設定している。
  4. 自動入力を設定している。

さらに詳しく

次のステップ

こちらでもパスワードを入力できます: