Get started

1Password Xについて知る

1Password Xを初めてご利用の場合は、パスワードの入力・保存・表示・編集など、ブラウザ内から実行する方法を学ぶことができます。

1Password Xは、1Passwordをブラウザで体験するための最適な方法です。 LinuxやChrome OSを含む、ChromeやFirefoxで利用できます。 サイトに簡単にサインインしたり、おすすめのパスワードの使用など、必要な情報を見つけることができます。 今すぐすべてを利用することができます。 1Password Xを入手:

Chrome

Firefox

Microsoft Edge

1Password Xは、サイトを閲覧中に必要な情報を提案するため、サイトへのサインイン、アカウントのサインアップ、クレジットカード情報の入力などを簡単に行うことができます。

ブラウザが1Passwordの利用を妨げないよう、内蔵のパスワード管理をオフに設定します。 ツールバーから1Password X ツールバーアイコン > 設定アイコン > 設定の順にクリックし、[1Passwordをデフォルトのパスワード管理にする] をオンにします。

ログイン情報やその他のアイテムを入力する

アイテムを入力するには、1Passwordのアイコン をクリックし、選択します。 1Passwordが複数のアイテムを提案する場合は、目的のアイテムを見つけるために入力を開始します。

入力欄の1Password アイコン
入力欄で1Password Xを検索する

ログインを保存する

ログイン情報を保存するには、ユーザー名とパスワードを入力します。 サインインする前に、1Passwordのアイコン をクリックし、[1Password に 保存] を選択します。

間違った場合やログイン情報が不正または未完了の場合は、更新できます。 変更を行ったら、1Passwordのアイコン をクリックし、[保存済みの ログイン を更新] を選択します。

1Password Xでログイン情報をインラインで保存する

おすすめのパスワードを使用する

1Passwordはパスワードを変更する際や新規アカウントに登録する際、強力なパスワードを提案します。

おすすめのパスワードを使用するには、パスワード欄で1Passwordのアイコンをクリックし、[おすすめの パスワードを 使用する] を選択します。

1Password Xが新しいパスワードを提案

カスタムパスワードを作成する

1Password ポップアップを使用し、カスタムパスワードを作成できます。 ポップアップを開くには、ツールバーで1Password X ツールバーアイコン をクリックします。

カスタムパスワードを作成するには、新しいアイテムのアイコン をクリックし、[パスワードジェネレーター] を選択します。

新しいパスワードの設定を調整し、クリップボードにコピーするか、ページに入力します。

作成したすべてのパスワードを確認するには、パスワードジェネレーターの下の[生成履歴] をクリックします。

1Password X ポップアップのパスワードジェネレーター

1Passwordを検索する

1Passwordで必要な情報を見つけるには、検索するのが一番の近道です。

1Password Xで検索するには、ポップアップを開いて入力します。

現在の検索をキャンセルするには、 をクリックするか、[Esc] を押します。

1Password X ポップアップで検索

アイテムの表示と編集

アイテムの詳細を表示するには、クリックします。 または、矢印キーを使用して選択します。

アイテムをお気に入りとして登録するには、星マークをクリックします。

コピーしたい場所があれば、クリックします。

新しいウィンドウでポップアップを開くには、1Passwordを新しいウィンドウで開くをクリックします。

欄を大きく表示するには、右側のシェブロンマーク > [大] の順にクリックします。

1Password X ポップアップでアイテムを表示

パスワードを表示するには、右側のシェブロンマーク > [表示] の順にクリックします。 または、Control + Optionキー(あるいは、Ctrl + Alt)を押すと、アイテム情報のすべてのパスワードを表示できます。

アイテムを編集するには、[編集] をクリックします。 アイテムは新しいタブで表示され*、タグカスタムフィールドの追加、移動、削除ができます。

* 1Password for Macとの連携機能をオンにしている場合は、1Password for Macでアイテムを開くことができます。

ドラッグ&ドロップを使ってアプリに入力する

1Password Xからドラッグ&ドロップを使ってアプリに入力

アプリに入力するには、ログイン情報をアプリにドラッグします。 たとえば、パスワードをアプリのパスワード欄にドラッグします。

ドラッグ&ドロップは、ブラウザでも利用できます。 セキュリティ質問の答えや会員番号などを入力できます。

1Passwordを2ファクタ認証が必要なサイトの認証機能として使用する

2ファクタ認証に対応しているサイトでは、1Passwordを認証機能としても利用できます。 まず、TwoFactorAuth.orgでサイトを探し 、指示に従ってサイトの2ファクタ認証を有効にします。

1PasswordのQRコードが表示されたら、QRコードのアイコン をクリックしてスキャンします。

詳細は、1Passwordを認証機能として利用する方法についてをご覧ください。

1Password X ポップアップから2ファクタ認証を設定

アカウントと保管庫を切り替える

アカウントと保管庫のリストを表示するには、設定アイコン > [保管庫] の順にクリックします。

特定のアカウントまたは保管庫のアイテムのみを表示するには、それをクリックします。

すべてを表示するには、[すべての保管庫] をクリックします。

[すべての保管庫] を表示するときに含まれる保管庫を変更するには、[すべての保管庫] の横の設定アイコン をクリックし、[アカウントと保管庫] の下の保管庫を調整します。*

1Password X ポップアップのアカウントと保管庫リスト

* 1Password for Macとの連携機能をオンにしている場合、1Password Xは[すべての保管庫] において同じ設定を使用します。 [すべての保管庫] を表示するときに含まれる保管庫を変更するには、[1Password for Macの設定を開く] > [保管庫] の順にクリックします。 [すべての保管庫] についての詳細はこちら。

Watchtowerを使う

Watchtowerは、1Passwordで保存したウェブサイトのパスワード漏洩やセキュリティ問題などを知らせてくれます。

アクションが必要なアイテムがある場合は、1Password Xのアイテムの一番上に詳細情報が記載された警告バナーが表示されます。

アカウントをお持ちのウェブサイトがWatchtowerに追加された際にアラートを受け取るには、設定アイコン > [設定] の順にクリックします。 次に、[Watchtowerアラート] をオンにします。

Watchtowerについての詳細はこちら。

1Password X ポップアップにWatchtowerバナーが表示されたアイテム

共有保管庫のアイテムへのリンク

家族やチームメンバーにアイテムのリンクを送ることで、共有したアイテムを素早く見つけることができます。

アイテムのリンクを送信するには、共有保管庫からアイテムを選択します。 共有ボタン をクリックし、[リンクをコピー] を選択後、家族やチームメンバーにリンクを送信します。

アイテムのリンクについての詳細はこちら。

共有メニューからアイテムのリンクをコピー

キーボードショートカットを使う

1Password Xでポップアップが開いているときは、キーボードショートカットを利用できます:

ショートカットキー機能説明
Command-I新しいアイテムを作成する。
Command‑E選択したアイテムを編集する。
Return

選択したアイテム情報をコピーする。

選択したアイテムのデフォルトアクションを実行する。

Command-Return選択したログインアイテムのウェブサイトを新しいタブで開き、ユーザー名とパスワードを入力する。
Command-C選択したアイテムのユーザー名をコピーする。
Shift‑Command‑C選択したアイテムのパスワードをコピーする。
Shift‑Control‑Command‑C選択したアイテムのワンタイムパスワードをコピーする。
Control-Optionアイテム情報のすべてのパスワードを表示する。
Command‑O選択したアイテムを別ウィンドウで開く。
Command-F1Password Xを検索する。
Command-下矢印カテゴリーメニューを開く。
Command‑D保管庫を表示する。
Command-Gパスワードジェネレーターを表示する。
Command-Cパスワードジェネレーターからパスワードをコピーして保存する。
Esc

1Password X ポップアップを閉じる。

検索欄を消去する。

スペースキーアイテム概要バナーを開く。
Shift-Command-L1Passwordをロックする。
ショートカットキー機能説明
Ctrl + I新しいアイテムを作成する。
Ctrl + E選択したアイテムを編集する。
Enter

選択したアイテム情報をコピーする。

選択したアイテムのデフォルトアクションを実行する。

Ctrl + Enter選択したログインアイテムのウェブサイトを新しいタブで開き、ユーザー名とパスワードを入力する。
Ctrl + C選択したアイテムのユーザー名をコピーする。
Shift + Ctrl + C選択したアイテムのパスワードをコピーする。
Shift + Ctrl + Windows  キー  + C選択したアイテムのワンタイムパスワードをコピーする。
Ctrl + Altアイテム情報のすべてのパスワードを表示する。
Ctrl + O選択したアイテムを別ウィンドウで開く。
Ctrl + F1Password Xを検索する。
Ctrl + 下矢印カテゴリーメニューを開く。
Ctrl + D保管庫を表示する。
Ctrl + Gパスワードジェネレーターを表示する。
Ctrl + Cパスワードジェネレーターからパスワードをコピーして保存する。
Esc

1Password X ポップアップを閉じる。

検索欄を消去する。

スペースキーアイテム概要バナーを開く。
Shift + Ctrl + L1Passwordをロックする。

1Passwordをロックする

1Passwordを使い終わったら、ロックします。 1Passwordをロックするには、設定アイコン >[  1Passwordをロック] の順にクリックします。

1Password Xは以下のような場合に自動ロックされます:

  • ブラウザを終了した場合*
  • 一定期間パソコンを使用しなかった場合
  • パソコン がスリープ状態にある場合

* 1Password for Macとの連携機能をオンにしている場合、1Password Xはブラウザを終了してもロックされません。 ロックするには、1Password for Macをロックします。

設定の管理

設定を管理するには、設定アイコン > [設定] の順にクリックします。 設定では以下のことができます:

  • 1Password for Macとの連携機能の管理
  • 自動ロックの設定変更*
  • 侵害されたパスワードの確認*
  • 言語変更**
  • ツールバーボタンの外観調整
  • 1Passwordで開くアイテムリストの変更
  • 内蔵のパスワードマネージャーをオフに設定
  • 通知の許可*
  • キーボードショートカットを設定してポップアップを開く*
  • 1Passwordのウェブページでの動作調整
  • アカウントの追加と削除、すべての保管庫の調整*

* 1Password for Macとの連携機能をオンにしている場合は、アプリで設定を管理できます。

* 1Password for Macとの連携機能をオンにしている場合、1Password Xはデフォルトシステムの言語を使用します。

1Password for Macと連携する方法

ベータ版をご利用の場合、1Password Xと1Password for Macを連携することができます:

ツールバーから1Password X ツールバーアイコン > 設定アイコン > [設定] の順にクリックし、[1Password for Macと連携] をオンにします。

連携をオンにすると、1Password Xは1Password for Macを以下の目的で使用します:

  • ロックとロック解除(Touch ID対応)
  • アイテムの作成と編集
  • 設定の管理

1Password for Macから直接ブラウザにログイン情報を入力することもできます。

ヘルプを参照

1Password Xは、Linux / Chrome OS / Mac / Windowsに対応しています。 Chrome / Firefox / Microsoft Edgeでご利用いただけます。 Chrome 拡張機能は、BraveやVivaldiなどのChromium ベースのブラウザにも対応しています。

1Password Xについてヘルプが必要な場合は、ツールバーから1Password X ツールバーアイコン をクリックし、[ヘルプの参照] を選択します。

1Password Xに関するフィードバックを共有するには、1Password サポート掲示板のディスカッションにご参加ください。

追加アカウントで異なるマスターパスワードを使用している場合

マスターパスワードで1Password Xのロックを解除すると、同じパスワードのアカウントのみロックが解除されます。 異なるパスワードを持つアカウントのロックを解除するには、1Password Xをロックし、そのアカウントのパスワードを使用してロックを解除します。 連携をオンにしている場合は、1Password for Macのロックを解除し、1Password Xですべてのアカウントを表示することができます。

アカウントにいつでもアクセスできるよう、すべてのアカウントに同じマスターパスワードを使用してください。 異なるパスワードでアカウントに登録した場合、変更することができます。